生徒の声

見学に来て「ここまでアットホームなキャンパスはないだろうな」と思いました

ここまでアットホームなキャンパスはないだろうな、と思いました

小海秀美さん

Q:なぜ、このキャンパスを選びましたか?
A:このキャンパスに入学したきっかけは、通信制の高校、かつ学校に通えるというのが私の学校を探す上での条件だったことです。
見学に何校か行きましたが、ここまでアットホームなキャンパスはないだろうな、ここだったら様々なイベントもあって楽しい高校生活が送れるだろうな、と思いこのキャンパスに入りました。

Q:入学してからは、どうでしたか?
A:入学してまだ1年の時は人見知りな性格もあり、周りに打ち解ける事がなかなかできていなかったです。
しかしイベントなどに参加したときに先生方がフォローしてくださり、同い年の子やまた違う年の子との交流を持つこともできました。

日本一アットホームな教室です!

今泉栞さん

Q:なぜ、このキャンパスを選びましたか?
A:このキャンパスに入学したきっかけは、通信制の高校、かつ学校に通えるというのが私の学校を探す上での条件だったことです。
見学に何校か行きましたが、ここまでアットホームなキャンパスはないだろうな、ここだったら様々なイベントもあって楽しい高校生活が送れるだろうな、と思いこのキャンパスに入りました。

Q:入学してからは、どうでしたか?
A:入学してまだ1年の時は人見知りな性格もあり、周りに打ち解ける事がなかなかできていなかったです。
しかしイベントなどに参加したときに先生方がフォローしてくださり、同い年の子やまた違う年の子との交流を持つこともできました。

保護者の声

3年間、無事に通い、卒業した時は、感無量でした。

小海秀美さんお母様

Q:なぜ、このキャンパスを選びましたか?
A:娘は、高校受験にあたり志望校を最後まで決めあぐね、最終的に、私立女子高に合格し、入学しました。
最初は、元気に通ってましたが、4月の終わりから、学校にいきたくないと言いだし、次第に身体にも影響が出てきました。教室に入ることができずしばらく保健室登校となりました。
このままではいけないと娘と話し合い転校を考え学校見学を始めました。様々な通信制高校を見ましたが、娘が興味がもてるところがみつかりません。
そんな時、担任の先生に勧められ、鹿島学園の見学に行きました。先生の説明を受け、自由な時間に登校できる通信制高校ということで、帰りながら娘に聞くと、ここだったらできるかも!というのです!
そこで、、鹿島学園品川校に転校しました。

Q:入学してからは、どうでしたか?
A:その頃の娘は、通学するのが辛い時期だったのですが、優しい先生方と少人数の教室というのが良かったようで、最初は1時間くらいから、少しずつ学校へ行くようになりました。
その中で友人もでき、行事にも参加するようになり、やっと元気な娘になっていきました。
3年間、無事に通い、卒業した時は、感無量でした。

Q:卒業してからは、どうなりましたか?
A:

卒業後は、大原専門学校に進学し、医療事務の資格を取る事ができました。これも娘にとって一番辛かった高校の3年間、先生の励ましや友人のおかげで鹿島学園高校を無事に卒業できたことで、自信がついたのだと思います。

今は、専門学校卒業後、一年間勤めた会社を辞め、アルバイトをしながら、就活を頑張っています。

このままでは取り返しのつかないことになる…

匿名希望(2016年度卒)お母様

Q:なぜ、このキャンパスを選びましたか?
A:約3年前のあの時、元気もやる気も食欲も無くなり、悲観的で生きることへの絶望感に苛まれる我が子。このままでは取り返しのつかないことになる…危機感を抱いた。完璧主義なところがあり、当時通っていた全日制普通科では勉強のスピードについていけなくなり、自暴自棄になっていく子を救える方法はないかと。
「環境を変える、逃げるのではない、新しい生き方を見つけるんだ。今は視野が狭過ぎる、もっと広い視野で見渡せばきっと良い道があるはずだから…」本人にも私自身にも言い聞かせた。
将来就きたい職業はなんとなくあり、それには高卒の資格は最低限必要。だが通学中の高校には行きたくないし行けない…
その先大学や専門学校に行くのか否かも決める気力も無く…
選択肢として
①高等学校卒業程度認定試験を受けて大学進学する。
②通信制高校へ転校する。
この二つを提案した。
①は学校に行かなくてもよいが、自分で計画的に勉強することが絶対条件、だが自由である。
②は登校が自由もしくは不要、基本は自分のペースで勉強出来るが、提出期限がある。
先の見通しが立たない中で、どちらを選択するか悩みに悩んだ。
本人は誰とも関わりたくない、話したくないと。だから①を選択したい様子だった。
私はひきこもりになるのではと危惧した。それと果たして自分で計画的に勉強するモチベーションを保てるのか?それは厳しいと考えた。だから②を勧めた。
話し合いの結果、大学進学するかどうかもわからないなら、通信制高校に転校し、高卒資格を取得、その後の事は今決めなくても時間はある、大丈夫だからと説得した。
そこから通信制高校について何校か調べた。資料も取り寄せた。
鹿島学園成田キャンパスは、通信制だけど登校も可能、基本的に自分のペースで勉強出来るが、課題提出には厳格な提出期限がありメリハリがある。イベントもあるが強制的ではない、授業料も本人バイトでなんとかなる金額(自分が努力しなかったからdropoutした、親に迷惑かけたと思っていた)、駅近…ここだ!と思った。

Q:入学してからは、どうでしたか?
A:最初本人は多少の抵抗があったのかもしれない。
でもアットホームな雰囲気、優しくて気軽に話せる先生方、生徒さん達ともイベントに参加するうちに学年問わず話せる様になり、「○日は行かなきゃ行けない、面倒くさいなぁ。」とか言いながらも楽しそうに登校する様になっていった。
一番驚いたのは「成田キャンパスの友達とカラオケに行って来る。」と言った時だった。友達出来たんだと。
レポートも先生からきちんとフォローがあり、提出期限も守る事ができて達成感もあったようだ。
人生初のアルバイトも経験、最初は失敗ばかりで凹むこともあったが、自分で苦労して稼いだお金で欲しい物(高校生にしては高額な買物)を買えた時にはとても喜んでいた。
親から買い与えられたものではない事に意味がある。
これはバイト禁止だった前高校では経験出来ないことだ。
思春期に入ってから自己肯定感が非常に低く、自分は駄目な人間なんだと暗く落ち込む事が多かったが、少しは変われたのかなと思う。

Q:卒業してからは、どうなりましたか?
A:みんな様々な事情で通信制高校に籍を置く事になったのだろう、でも卒業証書を手にして、嬉しそうで晴れやかな生徒さん達を見て感動し、先生方に感謝し、笑顔の我が子の写真を見るたびに、本当にこの高校を選んで良かったと思った。

PAGE TOP
MENU
問合せ・見学予約

TEL:0120-23-6060

(月 - 金 9:00 - 18:00)留守電あれば土日も折り返します