通信制高校に入学する理由は?実際にこういう子たちがいました

通信制高校の入学理由は不登校がすべてでは無いことを知ってください。
通信制高校の生徒数は年々増え続け、今や20万人を超えています。
高校生の16人に1人が通信制を選んでいます。

時間の自由度が大きい通信制の良さが見直されています。
その結果、前向きな理由で入ってくる生徒も増えてきています。

通信制高校に入学する理由は十人十色
でもやはり、他の子はどんな理由で入ってくるのか気になりますね。

代表的なパターンを幾つかご紹介します。
きっと興味深いと思いますよ。

鹿子さん

他のお子さんはなぜ通信制を選んだのでしょうか…
とても気になってしまいます。

塾長

人それぞれ、様々な理由があります。
どうぞ参考にご覧ください。

通信制高校の入学理由トップ3

私は通信制高校のサポート校を10年以上にわたり運営してきました。
約500名の卒業生を送り出しました。

通信制高校を選んだ理由は、100種類に分類することも可能かもしれません。
生徒の人生模様も様々であり、理由を単純にきめつけたくないと思います。

あえて分かりやすく理由を3つのグループにまとめてみました。
でも実際にはこれ以外にも沢山あることをどうかご承知おきください。

中学校から不登校だったから

およそ2割の生徒は中学を卒業してすぐに通信制高校に入学します。
その大半の生徒は不登校を経験しています。

なぜ不登校だった生徒は通信制高校に入学するのか?
それは全日制高校では授業に約7割は出席する必要があるからです。
だから出席の自由度が高い通信制高校を自然に選ぶことになります。

義務教育すなわち小学校・中学校では、学校に全く出席しなくても卒業できているのが実態です。
制度上は「原級留置」つまり留年が有り得ることになっています。

しかし、中学生で留年制度は運用されるのは、病気などを理由に家庭が強くする場合のみ。
つまり不登校でも中学校は卒業できる、と言い切ってもいいくらいです。

全日制高校では不登校は留年を意味するのです。
最初から留年の可能性が高いのに、全日制を選択する手はありません。

だから出席日数を問われない通信制高校を選択するのが自然、というわけです。

全日制高校を辞めざるを得なくなった

せっかく全日制高校に入ったのに、辞めざるを得ない。
そこには実に様々な理由があります。
順不同で代表的なものを列挙しますので参考にしてください。

人間関係

  • 先生と合わなかった
  • 部活の先輩・後輩との人間関係
  • 人間関係でイジメにあった

成績

  • 不登校になり単位を落として留年
  • 起立性調節障害で朝の授業に出られず単位を落とした
  • 生活上の問題行動を起こし、自主退学

不可抗力

  • 家庭の経済事情で学費が払えず
  • 心臓病など重い疾患にかかった
  • 学校が荒れていて通えない

学業以外の活動を行うため

最近は、このケースがどんどん増えています。
高校生活の新たな選択肢と言ってもいいでしょう。

その背景には保護者や社会がそれを許容するようになってきた社会情勢も影響しているでしょう。
では、その代表例を幾つか見てみましょう。

スポーツのプロを目指すため

私の生徒さんでは以下のようなスポーツのプロを目指す例がありました。

  • ゴルフ
  • テニス
  • ボクシング

女子生徒ではゴルフのプロを目指す例が多いです。
全日制の高校生は、平日夜とか週末という非常に費用が高い時しか連取できません。

通信制であれば料金が格安の平日昼間に練習し放題なので断然有利です。
プロゴルファーの畑岡奈紗選手は通信制高校の3年生のときに、日本女子オープンゴルフ選手権で優勝しました。

どのスポーツにおいてもプロ選手になれるのはほんのひと握り、日本トップクラスになるのが最低限の条件かもしれません。
その中でまた、お金が稼げるプロ、は限られています。

しかし、その挑戦そのものに大きい価値があると認めてもいいのではないでしょうか。
人が亡くなるときに後悔するのは「やりたいことに挑戦しなかったこと」という説もあるのですから。

芸能界(特にアイドル)活動のため

皆さん「アイカツ」という言葉はご存知ですか?
アイドル(を目指す)活動を略してアイ活(アイカツ)というようです。

その位にアイドルというのが身近な存在、そしてアイドルを目指すのも日常のことになってきたようです。
アイドルと言ってもピンからキリまであります。

お金を稼ぐ前に、まず歌やダンスを習うことにお金がかかるようです。
そして雑誌モデルと言っても無料出演の場合もよくあること。

でもスポーツと同じで、夢を目指して生きていく姿が美しく感じられます。
学業と夢に向かう活動をした経験は、一生の財産になると思います。

アイドル以外にも芸能界は様々です。
今まで実際にこんな例もありました。

  • シンガー・ソングライター
  • 俳優養成所に通う
  • 声優を目指す

ファッションモデルの池田美優(通称みちょぱ)さんは通信制高校出身であることを公言しています。
公表している芸能人は少ないですが、通信制高校出身の人はかなり多いようです。

起業や大学受験のため

これは超ポジティブの例と言っていいかもしれません。
こんな実例がありました。

  • IT系の会社を起業して、仕事が忙しく全日制に毎日通えなくなった
  • 芸術系の予備校に通って実技を磨き、芸術大学に合格するため

他にも海外出身で日本語はペラペラながら、日本の高校・大学を卒業するため、といったバイタリティーあふれる例があります。
こうした様々な生き方に通信制高校が貢献できるのは、とても嬉しいことです。

まとめ

通信制高校に入学する一番の理由は不登校が原因、これは間違いないでしょう。
しかし、病気や家庭の経済的な事情などの不可抗力が原因となる場合もあります。

最近増えてきた理由は芸能界やスポーツなど学業以外の活動と高校生活を両立するため。
通信制高校は可能性を広げる新たな進路として注目を集めています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問・お問い合わせは、LINEでお気軽にどうぞ!

中高一貫のフリースクール 品川・目黒・成田の駅前3教室
ワイズアカデミー 塾長
大森善郎

LINEでの問い合わせは、ここをクリック

あなたにおすすめの記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
問合せ・見学予約

TEL:0120-23-6060

(月 - 金 9:00 - 18:00)留守電あれば土日も折り返します