通信制高校を比較するポイントは?お子様にピッタリの選び方の手順を解説

通信制高校の選び方のポイント
お子様にあっているかどうか
これがすべて、と言えます。

でも、いくらピッタリでも
費用が高すぎたり、距離が遠すぎたり
…では困りますね。

「通信制高校って全くわからない」
という方のために
選び方の手順をご案内します。

保護者さん

通信制高校って
どう比較したら
いいのですか?

塾長

お子様にあっているか
チェックポイントを
ご案内します!

比較する3大ポイント

通信制高校を比較する場合
以下の3つが重要ポイントです。

  1. 学費
  2. スクーリング
  3. サポート体制

なぜ、これらが重要なのか
その理由と共に、それぞれの
詳細を以下で解説します。

学費

払える学費であることを確かめるのは第一優先事項です。
学費が払えなくて退学することになれば最悪です。

学費を調べる際には、すべてを含んだ総費用を確認しないと後悔することになります。
なぜなら高校の学費以外にサポート校の費用が別途かかる場合が多いからです。

その他にも以下が潜在的に大きい費用ですので
別途請求されないか確認しておきましょう。

  • 制服代
  • スクーリング費
  • タブレット代

これらが後出しジャンケンのように請求されないように
事前に総費用の見積書をもらうことを強くオススメします。

スクーリング

スクーリングとは指定された会場で授業を受けることです。
これが数日間の合宿形式かどうかを確認することは重要です。

なぜなら不登校を経験した多くの生徒にとって
知らない生徒達と寝泊まりすることは苦痛
になる可能性があるからです。

通信は大人しい生徒ばかりとは限りません。
かなり行動的な生徒が一緒でも平気かどうか
お子様の性格から判断しましょう。

サポート体制

学習・進路指導などのサポート体制は非常に重要です。
通信制高校の生徒数は飛躍的に増えてきています。

なぜなら、通信制だけでは卒業率が大変低かったのに
サポート校に通うと9割以上が3年間で卒業している
という実態があるからです。

通信教育でひとりで勉強を継続するのは、大人でも難しいことです。
私はペン習字の通信教育3ヶ月コースのお金を払いながら
2週間でやめてしまった経験があります。

よほど意思が強くて計画性のあるお子さんでなければ
しっかりしたサポート校にも通うことを強くオススメします。

通信制高校の学費について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

通信制高校の学費が安いところは?

ー コラム ー

全日制と比べると、通信制高校についての情報は限られています。
より正確な情報は、実際に通った生徒や家族から聞くのが一番です。
あるいは中学校・高校の先生に相談するのも良いでしょう。

特に費用については「実際にいくらかかったか」を質問しましょう。
制服代やタブレット費が入学後に請求される費用が「ホームページに公開されていない」場合があるからです。

ワイズアカデミーの場合は、すべてがホームページに明示されていますので安心していただけます。
学費とサポート費を分けて、1ページを割いて詳しくご説明しています。
ワイズアカデミーの総費用(品川キャンパスの例)はこちらで確認できます>>

まとめ

通信制高校の比較のポイントは、次の3つです。

  1. 学費
  2. スクーリング
  3. サポート体制

学費は、後で予想しなかった追加費用が生じないように
事前に総費用の見積書をもらうことを強くオススメします。

スクーリングは、合宿形式はお子様に合わない可能性
あるので要注意です。

通信教育をひとりで継続するのは大人でも難しいことです。
確実に3年間で卒業するにはサポート校のサポートを受けることをオススメします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

ご質問がありましたら、遠慮なくこちらからお問い合わせください>>

中高一貫のフリースクール 品川・目黒・成田の駅前3教室
ワイズアカデミー 塾長
大森善郎

LINEでの問い合わせは、ここをクリック

あなたにおすすめの記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
問合せ・見学予約

TEL:0120-23-6060

(月 - 金 9:00 - 18:00)留守電あれば土日も折り返します