不登校から留学、失敗する条件と失敗を避ける方法

不登校になったら、普通とは違う進路を模索したくなります。
ひとつの選択肢として海外留学という手段が考えられます。
留学をして成功する場合もあれば失敗する場合もあります。

そもそも留学と言っても滞在国、期間、費用など様々です。
まず留学についての基礎知識を身につけましょう。

そして時間をかけてゆっくり検討することが大切です。
うまい話ばかりですぐに契約させようとする営業には要注意です。

留学について失敗しない方法を、順を追ってご説明します。

保護者さん

留学がオススメって
聞いたんですけど…

塾長

留学も色々あります。
じっくり検討しましょう。

留学で失敗するケース

留学、つまり学生時代を海外で過ごすってステキですね。
お金と時間があれば、大人になってからでも留学したいくらいです。

でも留学が必ず成功するとは限らないですね。
どんなことで失敗しやすいかを、先ず見てみましょう。

目的が決まっていない

これが一番の心配です。
はっきり申し上げます。

ただ単に目的もなく現状から逃げるための留学は、失敗する可能性が高いです。
日本で難しいことは、海外なら更に難しいのです。

逃げたいほど辛い気持ちは分かります。
でも留学するなら目的をはっきりさせましょう。

語学力が無い

留学とは外国の学校で学ぶことです。
外国で学習に使う言語は、日本語ではなく外国語です。

最低限の語学力が無いと失敗するのは当然と考えてください。
現地に行けばなんとかなる、というのは甘い考えです。

海外でただ生きていくだけなら語学は必要ありません。
スーパーで黙ってレジで会計をしたり日本食レストランに行けばいいでしょう。
実際、アメリカのカリフォルニアなら日本人だらけで、日本語だけでも生活できます。

しかし、たとえ語学留学であっても、留学は最低限の語学力が無いと苦しすぎて続きません
日本で基礎力をつけてから行ったほうが正解です。

コミュニケーション能力に欠ける

目的意識があるとします。
語学力も大丈夫としましょう。
最後の一番重要なポイントがコミュニケーション能力です。

別の言い方をすれば、語学力や目的意識よりも社交性や積極性が重要です。
これらが備わっていれば、留学してもなんとかなるかもしれません。

もう一度、確認をします。
留学というのは外国の学校で学ぶことです。

そうです、学校で学ぶ、という点では日本と何も変わらないのです。
日本の学校が苦手なのに、海外なら学校が好きになれる、というのは甘い期待です。

では仮に、素晴らしい夢に描いたような理想的な学校だったとします。
でも学校は人と人のコミュニケーションで成り立っています。

そして海外では日本よりも自分から話しかける積極性が求められるものです。
もしも、日本でコミュニケーションをとるのが苦手で、消極的だったなら?
海外では言葉も通じにくいし、日本よりも辛い状況になっておかしくありません

要するに、海外に行けばすべてなんとかなる、と考えては必ず失敗します。

留学で失敗しない方法

では具体的な「失敗しない方法」をお伝えしていきます。
貴重な時間とお金を無駄にしないようにしましょう。
きっと以下のポイントが参考になることでしょう。

目的をはっきり決める

逃げることが目的、だけは避けることです。
具体的な目的を定めることが大切です。

どんな目的、あるいは夢でも構いません。
とにかく語学を伸ばす、海外に移住する、国際的な仕事につく、など。

途中で目的が変わっても構いません
いえ、むしろそれは普通のことと考えて良いくらいです。
少なくとも、ただ逃げる、以外の目標を一つだけでも持ってください。

目的が定まったら、具体的に詳細を詰めていくステップです。
それは以下をご覧ください。

具体的な条件を詰める

目的が決まりましたね。
あとは詳細を詰めていくだけです。

でも、留学といっても千差万別です。
以下のような分類分けができます。
■国・地域

  • 欧米
  • アジア
  • 豪州
  • ニュージーランド

■言語

  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語

■短期

  • 短期(1週間~数週間)
  • 中期(数ヶ月)
  • 長期(数年)

上の条件を考えただけでも、無数の組み合わせができますね。
よくありそうな目的を例にとり、想定してみます。

(例)今は苦手だけど、英語を使った仕事につきたい

この例では、現在は英語は苦手、ということですね。
それならば、すぐに英語圏の国への留学はハードルが高いかもしれません。

であれば「英語初心者向け」という条件で、留学の専門業者と相談をしましょう。
例えば中期のフィリピン留学にオススメのコースがあるかもしれません。

留学について自分ですべてを把握するのは困難です。
オススメは高校生の留学を専門とする業者と相談をすることです。

体験してみる

気に入った留学コースが見つかったとします。
でもそのまま飛び込んでも失敗する可能性があります。
大変な時間とお金が無駄になる可能性があります。

そういう失敗のリスクを小さくする方法があります。
それは留学を小さく経験してみることです。

具体的には2つの方法があります。

  1. 国内留学をしてみる
    例えば福島県にブリティッシュヒルズという国内留学施設があります。
    最短で1泊2日から短期国内留学のコースがあります。
  2. 短期海外留学をしてみる
    例えばフィリピン留学でも、数日間の短期コースがあります。
    まず小さい費用で体験してみることです。

この短期の体験で、語学力を確認したり、留学の雰囲気を味わえます
しかし最大の利点は以下のことです。
自分が留学に向いているかどうかを知るということです。

なぜなら不登校の経験者の場合、海外では余計に人間関係に悩む可能性があるからです。
だから、先ず小さく体験してリスクを小さくすることをオススメします。

留学に向いていないのであれば、無理に留学しないことが重要です。

まとめ

留学には様々なリスクがあります。
現実から逃げるだけの目的では失敗する可能性が高いです。

ポイントは焦らないことです。

目的をはっきり定めることが何よりも大切です。
そして高校生の留学に詳しい専門業者と相談することをオススメします。

失敗しないコツは、まず小さく体験してみることです。
国内留学や短期の海外留学を経験してから詳細を詰めることをオススメします。

もし留学に向いていないと分かったら無理に留学をしないことも大切です。

ご質問がありましたら、遠慮なくこちらからお問い合わせください>>

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
ご質問・お問い合わせは、LINEでお気軽にどうぞ!

中高一貫のフリースクール 品川・目黒・成田の駅前3教室
ワイズアカデミー 塾長
大森善郎

LINEでの問い合わせは、ここをクリック

あなたにおすすめの記事

RELATED POST

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP
MENU
問合せ・見学予約

TEL:0120-23-6060

(月 - 金 9:00 - 18:00)留守電あれば土日も折り返します